月別アーカイブ: 6月 2013

進化と退化

昨夜、大学時代の湯人と久しぶりにお食事をしていて話題になったのが老い。   悲しいけれど、歳を重ねるたびにお肌の事だけでじゃくて、体のあちらこちらが引力にさらえず下がってしまったり、メガネがないと細かな字が読めなくなってきたりと・・・・ね そして、最近はお互いに字を書かなくなってきてパソコンで文章を書いていると変換してくれるので問題が無いけれど、いざ手書きで手紙を書いたり下書きなど時には感じが思い出せなくなってしまった話題になって、いよいよボケがと苦笑い。 考えてみれば、ワープロやパソコンで字を書かなくなって忘れてしまい、インターネットで検索するから辞書を引くこともなく、進化と伴に頭の働きが退化するようで何か怖い感じもしちゃいます。 携帯電話があたり前になる前は、お友達の電話番号も結構覚えていたけれど、いまでは母の携帯の電話番号すら覚えていなくて、携帯がないと電話もできない状態。   いろいろと技術や文化が進化する毎に、人間が退化するようでちょっと複雑な気分です。 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ